計画・基本設計
 

施主様のコミュニケーションを通じ様々な要望・イメージを汲み取り、住まい手のライフスタイルや考え方までも含め、一つの住空間として提案します。
敷地環境や法規制の諸条件を考慮し、要望や予算を検討したうえで時間をかけ繰り返しプランを練っていきます。模型・パース等も用いながら、よりイメージを具体化します。
設計プロセス上この時期が最も重要だと考えています。
制度的・技術的・経済的に実現可能か十分検討し最終案を提示します。

 

実施設計
  設計内容を工事に展開する為に、最終案を基に詳細図を作成します。この段階でも施主様とコミュニケーションを密にして十分に打合せを行います。
基本設計・実施設計で作成した図面の他に仕様書をつけ設計図書の完成です。

 
見積書の依頼検討
  工事を発注する業者の選定のお手伝いをし、複数の施工業者を決め見積書の依頼をします。設計図書を基にその見積書が適正かどうか(金額・内容)査定します。その上で施主様に業者を決定して頂きます。
またこの時期に、建築確認申請を提出し確認を受けます。その後、工事契約及び着工となります。

 
工事監理
  施主様の代理人とし何度も現場に赴き、現場の担当者と打合せをしながら工事監理(建物の工事中、設計図書通り施工されているか確認します。)を行います。工事の進行状況にあわせ、使用材料等の色や素材について検討し、施主様とご相談しながら決定していきます。
工事完了後に竣工検査を行い、また行政機関等の完了検査を受けます。その後、建物引渡しに立ち会います。

 
完成後
  完成後、不具合等が生じた場合それに対し、適切な対策を講じ施工会社に指示します。
 
業務報酬
  報酬については、建築士法等により基準が定められており、実際の人件費と運営上の経費により算出します。おおよその目安としては、工事費の10%前後となりますが、詳細については、個々にお話させて頂いています。
 



木下太建築設計室 ( URL : www.kfao.com / E-MAIL )
Kinoshita Futoshi Architect Office - KFAO -
468-0068 名古屋市天白区表台2-1-2E : TEL/FAX : 052-834-9610